入居者のためにも管理をしっかりと|賃貸管理会社との連携が大切

集合住宅の模型

不動産投資を始めてみよう

みんなで大家さんは、不動産物件に出資して、賃貸利益の分配金を得る、投資信託のような運用商品です。不動産投資はマンション管理が面倒なデメリットがありますが、みんなで大家さんの出資者は一切管理をする必要がありません。これから不動産投資を始める方には最適の運用商品と言えます。

質の良い会社を選ぶ

マンション

各能力をしっかり確認する

投資用不動産を購入して第三者に貸し出すのはそれほど難しくありませんが、入居者が快適に暮らせるようにするには、日頃から物件の管理をしなければいけません。放置することはできないので、自分に代わって管理してくれる賃貸管理会社を選ぶことが大切です。賃貸管理は不動産オーナーの代わりに、家賃の集金や入居時に起こるトラブル、退去時の立ち会いなど大家の仕事を肩代わりしてくれます。とはいえ、管理会社も人が運営する企業のため、オーナーが求めることをしてくれるかは依頼する賃貸管理によって違います。賃貸管理にも質というものがあり、どこまで管理業務を行ってくれるか、入居者に丁寧に対応してもらえるかなどを見極めることが大切です。賃貸管理を選ぶ基準として大まかに、入居者募集の能力、入居後のトラブルやクレームの処理能力、連絡報告がしっかりできるかの3つが挙げられます。入居者募集に関しては、空室が出来てしまうと家賃収入が失われてしまうので、とても重要なポイントです。また、入居後にはエアコンが壊れたり、近隣住人との騒音トラブルなどが起きやすいので、これらを上手く処理できるかは重要になります。賃貸管理会社でどれだけ実績があるかを、依頼する前に確認しておくことも大切になってきます。これに輪を掛けた重要なのが連絡報告をしっかりしてくれるかという点で、オーナーの大切な不動産を預けているので、設備の故障や補修といった費用のかかる問題など、現状が理解しやすいようまめに連絡してくれるところを選ぶようにしましょう。

メンズ

収益物件で安定した収入を

マンション経営には長期的に安定した家賃収入を得られるというメリットがあります。ただし、空き室などのリスクもあることからマンション経営を始める前には事前に収益物件の立地などを考慮しておく必要があります。

女の人

データが空室対策に役立つ

賃貸経営をするうえで、重要なことは周辺の家賃相場を把握しておくことです。収益を得たいがために、家賃設定を高くしてしまうと入居者を逃し、空室状態が続き返って損失を招くことになります。建物は確実に古くなるので、老朽化も踏まえ毎年相場チェックと家賃見直しが必要です。